イントラブログとは?

社内向けに設置され、ほとんどの場合、読み手を社員に限定したブログのことを指す。


主に社内での情報共有を行う用途で、従来のイントラネットの代用もしくは併用という形式を伴うブログをイントラブログ(社内ブログ)と呼ぶ。


【イントラブログ導入のメリット】

■スピーディな情報共有
社内業務において常に課題となる「情報共有」ですが、ブログを利用することによって、スピーディでスムーズな情報共有が実現する。
RSSリーダーを各 PCに取り入れることによって、情報更新と同時にそれが通知される、リアルタイムの情報共有が可能。

■社内知識の蓄積・共有
イントラブログ(社内ブログ)の活用によって社内の「集合知」の活性化が可能となる。
ブログは日付やカテゴリーによっての検索が容易なため、個人の知識を会社全体で共有したり、会社にストックされた経験値を個人レベルに落とし込み、業務レベルの向上を図ることが出来る。

■社内コミュニケーションの活性化
業務を円滑に進めるには、社員同士のコミュニケーションは重要である。
イントラブログ(社内ブログ)は、公開しないので肩の力を抜いて、趣味の話や雑談を交えながら記事を書くことができる。
これによって利用頻度が高まり、そして社内コミュニケーションの活性化は、業務効率の向上につながる。



ファニーワークWebコンサルタント

クロスプラットフォームとは?

OSやソフトウェアが異なるシステムのアーキテクチャに対応していることをクロスプラットフォームと呼ぶ。

別名マルチプラットフォーム。


ユビキタス社会に向かって時代が動いていく中、様々なサービスがASPやWEBブラウザ上での展開を広げている。

ユーザーニーズの多様化や急速な技術環境の変化の中で、OSやその他のハードウェアに依存したシステム開発を行うことは非常にリスクが高くコストパフォーマンスも低いと考えられるため、クロスプラットフォームは、これからのソフトウェア開発における基本的概念と言えるであろう。



ファニーワークWebコンサルタント

マルチエントランスとは?

検索エンジンを利用するユーザは、必ずサイトのトップページから訪れるとは限らず、検索エンジンからキーワード経由で直接目的のページへと訪れることも多くあります。全てのページが訪問者の入り口になる可能性があり、この考え方をマルチエントランスと呼ぶ。


サイトのあるべき姿とは、マルチエントランスの考え方に則り、すべてのページが自社サイトへの窓口になるという観点から、統一されたサイトイメージを保つためにヘッダーやフッター、ナビゲーション等に一定の法則を持ちつつ、それぞれのページに沿ったテーマで内容を書き、訪問者にも検索エンジンのロボットにも、伝えたい内容がはっきりしているページ作りをすることが求められる。


自社サイトのアクセスアップのためにマルチエントランス化を促進するためには、ブログ等のCMSを利用しなが社内スタッフが一丸となって継続的に情報発信を行うことが大切となる。



ファニーワークWebコンサルタント

ウェブセンタリングマーケティングとは?

ウェブセンタリングマーケティング(WCM)とは、Web以外の様々なメディアがWebサイトへの誘導メディアとなり、マーケティングの中心にはWebを置くという考え方。


「続きはWebへ」や検索ワードの提示、QRコードの記載など、テレビCMやポスターにおいてWebサイトへの誘導を狙った表現が増えたことから、このようなことが言われ始めた。

特にWeb業界の人間には、ウェブセンタリングマーケティングこそが先進的なマーケティング方法であると考える人も少なくないが、これはあくまでも、多くのマーケティングプランのひとつとして考えるべきである。


Webを中心に置くのが適している商品やサービスもあれば、Webサイトはあくまで補助的な情報発信にしか向かない業界もある。

自社のプロモーションのゴールに合わせて、どのメディアをどの位置づけにするのかをきちんと考えることが重要となる。



ファニーワークWebコンサルタント

ブランドエクイティとは?

ブランドエクイティとはブランドの資産価値を意味する言葉。

アメリカのデヴィッド・A・アーカーによって定義された。


ブランド・エクイティにはブランドイメージそのものも含まれるがより広範な意味を持ち、大きく以下の4つに分類することができる。

※ ブランドロイヤリティ
※ ブランド認知
※ 知覚品質
※ ブランド連想

ブランドは有形資産と異なり目に見えて評価することが難しいが、1980年代の米国では企業のM&Aが広まるにつれて、それまでただの商品名や記号と考えられてきたブランドを、自社の商品やサービスを競合より有利な条件で取引するのに役立つ資産価値のあるものと考え、企業会計上の無形資産として計上しようという考えが現れた。



ファニーワークWebコンサルタント

組織のライフサイクル・ステージとは?

組織のライフサイクル・ステージは製品ライフサイクルと同様に、導入期、成長期、成熟期、衰退期の4つに分けられる。


組織は、マーケティング分析によって、自社がライフサイクルのどのステージにあるかを理解する必要がある。

マーケティング分析の利点は、自社の現在のステージを把握することにより、目標や戦略を正しく設定できるようになるという点。

例えば、組織が成長期を過ぎたあと、衰退期に入るのを避けるため、新たな機会を発掘して、再び成長期に入ったり、成熟期を持続させる必要がある。



ファニーワークWebコンサルタント

IMCとは?

IMCとは「Integrated Marketing Communication」の略語で、「統合型マーケティング・コミュニケーション」を意味する。


その名のとおり、マスメディア(TV・ラジオ・雑誌・新聞等)での広告だけでなく、電話、FAX、インターネットなど、様々なメディアを融合することで、マーケティング・コミュニケーションの効果を最大化しようとする考え方。



ファニーワークWebコンサルタント

ブランド・アイデンティティとは?

長期的な視点に立ったブランディングのためには、短期的な収益だけを目指したものではない、中長期的なブランド戦略が必要となる。

ブランド・アイデンティティとは、そうした戦略のコアとなるもので、ブランドが表現したいことを明確にしたものだと定義できる。


価値を生み出すブランド・アイデンティティを確立するためには、自社の顧客、競合ブランド、事業戦略、自社ブランドの強みを十分理解した上で、明確な形でブランド・アイデンティティを設計しなくてはならない。

ブランドの価値を最終的に決めるのは、顧客なので、ブランド・アイデンティティは当然、顧客が価値を感じるような、顧客に対するブランドの約束となっている必要がある。



ファニーワークWebコンサルタント

ブランド・パーソナリティとは?

ブランドも人間同様に、パーソナリティ特性を持っている。


例えば、ブランドを人間に対するのと同様に「現代的だ」とか「古めかしい」とか「活発である」などと評価することができる。

ブランド・パーソナリティは、ブランド属性と大きな関係を持っている。

例えば、金融系の製品やサービスのブランドのブランド・パーソナリティが「先進的な」だった場合、顧客が求める信頼感や安心感などが得られにくいかもしれない。

その場合、「先進的な」というパーソナリティと同時に、「誠実な」だとか「有能な」といった別のパーソナリティを同時にもつことによって、顧客が信頼感や安心感を受けるようにフォローする必要がある。



ファニーワークWebコンサルタント

イノベーションとは?

イノベーションは、企業が継続的に事業を行っていく上で最も重要なものである。


どんなに優れた事業でも、時が経つにつれ環境が変われば、当初の優秀さは失われていく。

事業を継続的改善により連続的にバージョンアップしていくだけでは、いつか限界が訪れ、市場そのものが消滅してしまう。

市場があってこそ、企業は存続が可能となるのですから、既存の市場が失われる前に、企業はイノベーションにより、新たな市場/事業を生み出す必要がある。



ファニーワークWebコンサルタント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。