顧客満足(CS)とは?

F・コトラーは、顧客満足より市場シェアを重視する企業が多いが、それは誤りだとした上で、「市場シェアは過去に関する指標であり、顧客満足は将来に関する指標だ」と述べている。


いま、これだけの数の顧客に売れたからと言って、1年後に同じ数の顧客が製品を購入するとは言えない。

その場合、未来の指標となるのが顧客満足である。


市場シェアは企業活動の成果を示す指標の1つだが、それ自身を追い求めていたのでは、将来的に市場シェアを維持、拡大することはむずかしい。

むしろ、顧客満足に注意を払うことが将来の市場シェアにつなげる近道だと言える。



ファニーワークWebコンサルタント

組織の有形資産と市場財産とは?

組織は、資源分析を通じて、強みと弱みを明らかにする必要がある。

主な資源には、人的資源、金銭的資源、施設、システム、市場財産(顧客資産、評判、コネなど)があります。組織の強み、弱みを理解するには、資源の各構成要素について、判定を行なう必要がある。



ファニーワークWebコンサルタント

内部環境分析とは?

マーケティング計画の初期段階においては、現在と未来の環境について考察する必要がある。


SWOT分析で知られるように、この環境の考察は、外部環境分析と内部環境分析の2つに分けられる。

内部環境分析としては、「組織の文化、特徴」、「組織のライフサイクル・ステージ」、「組織の適応能力」、「組織の有形資産と市場財産」の4つが主な検討対象となる。



ファニーワークWebコンサルタント

公共的環境とは?

公共的環境とは、組織の活動に関与するあらゆる利害関係者からなる環境を指す。


利害関係者には、(1)共有を行う利害関係者集団(供給業者、規制当局など)、(2) 内部の利害関係者集団(経営陣、取締役、従業員など)、(3)仲介業者(販売業者、流通業者、マーケティング業者など)、(4)製品を消費する利害関係者集団(顧客、媒体など)がある。

外部環境分析においては、これらの利害関係者集団の変化を捉えた上で、しかるべき対応を考察しなくてはならない。



ファニーワークWebコンサルタント

ブランドのベネフィットとは?

ブランドのベネフィットとは、企業がブランドを通じて顧客に提供しようとする便益のこと。


ブランドのベネフィットは、「機能的ベネフィット」、「情緒的ベネフィット」、「自己表現的ベネフィット」の3つに分類できる。

「機能的ベネフィット」は、そのブランドの所有や利用により得ることのできる便利さや効用といった便益。

「情緒的ベネフィット」は、そのブランドによって顧客に何らかの感情(たとえば、爽快感、安心感)を与えることのできる便益。

「自己表現的ベネフィット」とは、ブランドを所有、利用することで顧客が何らかの自己表現をできるような便益。



ファニーワークWebコンサルタント

プロダクトコーンとは?

プロダクトコーンとは森行生氏が提唱した、商品特性を明確にするための3つのタイプで、1.規格=企業側の商品定義、2.ベネフィット=生活者の得するコト・モノ、3.エッセンス=商品が持つ性格(擬人化)に分類される。



ファニーワークWebコンサルタント

マーケティング・マイオピア(近視眼的マーケティング)とは?

マーケティング・マイオピア(近視眼的マーケティング)とは1960年刊行のハーバード・ビジネス・レビューで、セオドア・レビット教授が用いた言葉で、それまでの欧米企業で支配的な考えであったモノづくり絶対主義をやめて顧客満足追求を目的とするマーケティングを中心に企業は活動すべきであるという主張。

このレビットの主張は、マーケティング史上、コペルニクス的転回となり、ものすごい勢いで人気を博しましたが、実際に企業が製造からマーケティングへ企業活動の中心を移したのは1980年代に入ってから。

この主張は今なお、現代のビジネスに大きく影響を与えており、現代の顧客志向マーケティングを40年以上先取りしたものと言える。



ファニーワークWebコンサルタント

市場シェアとは?

市場シェアとは標的市場において自社製品が占める割合である市場シェアは、将来的な事業計画(売上予測)を立てる際の成果の指標として使われる。


価格設定や製品の品質の設定など、製品のポジショニングを決める際、将来の売上を予測することは事業を推進する上で重要であり、市場シェアから売上数を予測することは理にかなったひとつの方法だと言える。



ファニーワークWebコンサルタント

データベース・マーケティングとは?

データベース・マーケティングとは顧客との接触や取引を目的として顧客データベースなどのデータベース(製品、供給業者、再販業者に関するもの)を作成し、維持し、活用するプロセスのこと。


CRMの根幹を成すものといえ、企業は、各顧客ごとに取引履歴、デモグラフィック情報(年齢、学歴、収入、世帯規模など)、サイコグラフィック情報(興味、意見、考え方、意思決定の仕方など)を集め、メンテナンスしながら、データ・マイニングなどを駆使しながら、手持ちの情報を活用する。



ファニーワークWebコンサルタント

相関性アルゴリズムとは?

相関性アルゴリズムとは、クエリー(要求)されたキーワードとそれぞれのWebページ内のコンテンツをマッチングするために用いる検索エンジンやディレクトリー の計算方法のこと。

検索エンジン各社とも要求内容にできるだけ照合した結果を導き出すためのアルゴリズムをそれぞれ開発している。

当然各社とも異なったアルゴリズムを使用し、より有効な検索結果を導く為日々改善作業が行われている。



ファニーワークWebコンサルタント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。