データベース・マーケティングとは?

データベース・マーケティングとは顧客との接触や取引を目的として顧客データベースなどのデータベース(製品、供給業者、再販業者に関するもの)を作成し、維持し、活用するプロセスのこと。


CRMの根幹を成すものといえ、企業は、各顧客ごとに取引履歴、デモグラフィック情報(年齢、学歴、収入、世帯規模など)、サイコグラフィック情報(興味、意見、考え方、意思決定の仕方など)を集め、メンテナンスしながら、データ・マイニングなどを駆使しながら、手持ちの情報を活用する。



ファニーワークWebコンサルタント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。