ウェブセンタリングマーケティングとは?

ウェブセンタリングマーケティング(WCM)とは、Web以外の様々なメディアがWebサイトへの誘導メディアとなり、マーケティングの中心にはWebを置くという考え方。


「続きはWebへ」や検索ワードの提示、QRコードの記載など、テレビCMやポスターにおいてWebサイトへの誘導を狙った表現が増えたことから、このようなことが言われ始めた。

特にWeb業界の人間には、ウェブセンタリングマーケティングこそが先進的なマーケティング方法であると考える人も少なくないが、これはあくまでも、多くのマーケティングプランのひとつとして考えるべきである。


Webを中心に置くのが適している商品やサービスもあれば、Webサイトはあくまで補助的な情報発信にしか向かない業界もある。

自社のプロモーションのゴールに合わせて、どのメディアをどの位置づけにするのかをきちんと考えることが重要となる。



ファニーワークWebコンサルタント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。