クロスプラットフォームとは?

OSやソフトウェアが異なるシステムのアーキテクチャに対応していることをクロスプラットフォームと呼ぶ。

別名マルチプラットフォーム。


ユビキタス社会に向かって時代が動いていく中、様々なサービスがASPやWEBブラウザ上での展開を広げている。

ユーザーニーズの多様化や急速な技術環境の変化の中で、OSやその他のハードウェアに依存したシステム開発を行うことは非常にリスクが高くコストパフォーマンスも低いと考えられるため、クロスプラットフォームは、これからのソフトウェア開発における基本的概念と言えるであろう。



ファニーワークWebコンサルタント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。