ブランドエクイティとは?

ブランドエクイティとはブランドの資産価値を意味する言葉。

アメリカのデヴィッド・A・アーカーによって定義された。


ブランド・エクイティにはブランドイメージそのものも含まれるがより広範な意味を持ち、大きく以下の4つに分類することができる。

※ ブランドロイヤリティ
※ ブランド認知
※ 知覚品質
※ ブランド連想

ブランドは有形資産と異なり目に見えて評価することが難しいが、1980年代の米国では企業のM&Aが広まるにつれて、それまでただの商品名や記号と考えられてきたブランドを、自社の商品やサービスを競合より有利な条件で取引するのに役立つ資産価値のあるものと考え、企業会計上の無形資産として計上しようという考えが現れた。



ファニーワークWebコンサルタント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。