エイジングフィルタとは?

エイジングフィルタとは、新規に取得したドメインでWebサイトを立ち上げても、Googleで一定期間(約3〜6ヶ月)は検索エンジンの上位に表示されない現象のことをいう。

明確なメカニズムが解明されておらず、まさにブラックボックスの一つと言えるが、米Googleエンジニアも検索エンジンのアルゴリズムにエイジングフィルタの現象に相当するものが含まれることを認めている。

エイジングフィルタがある理由は公表されていないが、開設したばかりのWebサイトが大量の被リンクを持つことで検索エンジンの上位を独占することを防止するためや様々なスパム行為を阻止するためだと推定されている。


尚、エイジングフィルタのSEOとして、サイトが完成する前にドメインを取得し、いくつかのページを前もってアップしておいたり、AdWordsやOvertureなどを使用し、ある程度のアクセスを確保しておくなどの方法がある。


が、立ち上げ間もないサイトが上位表示されることも、近年往々にしてみられる様になってきた背景から、「エイジングフィルタの概念はなくなりつつあるのでは?」という意見も出はじめてきている。



ファニーワークWebコンサルタント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。